水土里ネット牧之原
HOME 事業紹介 HOME 牧之原マップ・アクセス 地域紹介 牧之原のお茶 組合員の皆様へ 牧之原だより リンク こどものページ
 
概要・沿革
 
土地改良区の概要
水土里ネット牧之原のあゆみ
土地改良区の概要
組織の沿革

 昭和40年、牧之原台地周辺の島田市と榛原郡の金谷町、吉田町、榛原町、相良町、御前崎町及び小笠郡の菊川町、小笠町、浜岡町、1市8町の首長が静岡県知事及び関係部局並びに農林省に「国営畑地かんがい事業の実施」を請願し、翌年「牧之原台地かんがい事業推進協議会」を発足させ、国・県など関係機関に事業の採択を要望しました。

 その後、「畑地の基盤整備」も合わせて行うため、昭和46年4月、名称を「牧之原畑地総合整備推進協議会」に改組し、昭和48年4月、「牧之原地区」の「県営畑地帯総合整備土地改良事業」が正式に採択されたのを機に、「推進協議会」を発展的に解消し、同年6月に「牧之原畑地総合整備土地改良区」が設立されました。

 また、昭和53年4月には、基幹事業である「国営牧之原農業水利事業」が採択着工され牧之原台地の畑地整備事業は本格化し、平成6年には「畑かん受益地」の重複する土地改良区を吸収合併するなどして現在に至っています。

受益面積と組合員の状況
受益面積
島田市 1,064ha
牧之原市 2,102ha
掛川市 446ha
菊川市 921ha
御前崎市 612ha
5,145ha
組合員の状況 (平成25年4月1日現在)
島田市 1,905人
牧之原市 3,849人
掛川市 519人
菊川市 1,745人
御前崎市 1,659人
9,677人

受益区域は、こちらを参照してください。

黄緑色は樹園地(茶)、水色は普通畑です。
(県営畑地帯総合整備事業 牧之原地区計画一般平面図)

※左の画像をクリックすると拡大表示します。

 >>> 高解像度版はこちらを:PDF(4.05MB)
牧之原畑地総合整備土地改良区機構図
牧之原畑地総合整備土地改良区機構図
     
     
     
Copyright (C) 2003 MIDORINET MAKINOHARA. All Rights Reserved