水土里ネット牧之原
HOME 事業紹介 概要・沿革 牧之原マップ・アクセス 地域紹介 HOME 組合員の皆様へ 牧之原だより リンク こどものページ
 
牧之原のお茶
 
牧之原開拓の変遷
お茶のお話
お茶の分類
お茶の効能
お茶をもっとおいしく
他地域の茶生産状況
お茶をもっとおいしく
いつも飲んでいるお茶をもっとおいしく、しかも有効成分を逃さずに入れて飲むには少しコツがあります。
お茶のおいしい入れ方
お茶を入れる手順
1.茶碗の暖め・お湯の温度調節
人数分の茶碗にお湯を八分目ぐらい入れて適温まで冷まします。
※適温はお茶の種類によって異なります。下表参照
※水道水(浄水器利用の場合を除く)利用の場合は、3分以上沸かしてカルキ臭さを抜くと良いでしょう。
2.お茶の葉を入れる
お茶の葉を急須に入れます。5人で10g程度(家庭にある大さじ2杯分)が目安。
※少人数の場合ちょっと大目に。
3.浸出させる
湯冷まししたお茶を急須に注ぎ、お茶が浸出するまで時間をおきます。
※時間はお茶の種類によって異なります。下表参照。
4.茶碗に注ぐ
お茶をつぐ分量は均等に濃淡のないように廻し注ぎ、最後の1滴までお茶は絞り切ります。
※美味しく味わえる温度は50度〜60度くらいです。
※2煎目はお湯を入れてから10秒待ってから注ぎます。
お茶の種類別浸出湯温と時間
種類
湯温
時間
玉露
50度
2分30秒
玉露並
60度
2分
煎茶
70度
2分
煎茶並
85度
1分

ほうじ茶・ 番茶

90度
30秒
水にこだわってみよう

静岡県に住むある女性が、大阪に住む友人に老舗の上等なお茶をプレゼントしたところ、「ひどい味だった」と言われてしまい相当なショックを受けました。
これはお茶を売ったお店のせいだと決め付けるのはちょっと待ってください。もしかすると、 お茶をまずくした原因は「水」なのかもしれないのです。

お茶には「合う水」「合わない水」があります。お茶に合うのは繊細な味と香りを生かしてくれる「軟水」です。
では、飲み味が硬い水と軟らかい水の差はどうして生まれるのでしょうか?

水にカルシウム・ナトリウム・カリウムなど様々なミネラル成分(鉱物質)が溶け込んでいます。 ミネラル分が多く含まれると水の味は硬く感じられ、少ないと軟らかく感じられます。
あまり硬度が高いとお茶に含まれているタンニンがうまく抽出されませんし、反対に低すぎても香りが出てきません。

明日からは水の硬度にこだわって、もっとおいしいお茶を味わいましょう。

お茶を食べてみよう

お茶には体にいい成分がたっぷりと含まれています。これを丸ごと利用するには、お茶の葉を丸ごと食べるのが一番手っ取り早い方法です。
一番簡単なのが、ペッパー・ミルの中にお茶の葉を入れ、食べ物に振りかけて食べる方法です。ご飯やおかず、なんにでも振りかけてみてください。
また、納豆にお茶を入れて食べると、お互いにない栄養素が補われ、最高の健康食品になります。卵を混ぜるともっとよいでしょう。
その他、工夫次第で様々な料理に応用できます。いろいろ試してみてください。

     
Copyright (C) 2003 MIDORINET MAKINOHARA. All Rights Reserved